初♪石井ゆかり

  • 2014.02.23 Sunday
  • 19:38
評価:
価格: ¥1,000
ショップ: オンライン書店 BOOKFAN
コメント:占いというより・・・物語として十分興味深く面白かった。

JUGEMテーマ:読書

占いのおとめ座を立ち読み・・・
凄い文学的な文章ですよね。
文学的っていうのかなぁ???
占いの本という感じではなくて
しっかり物語りになっています。

で、ちょっと気になった最近の出版物

愛する力・・・第2弾らしく・・・

だったらその前に第1弾読んでみようと

昨日から読んでみていますが・・・・・・・・・・・・
う〜んよく解らなかったり(^_^;)

でもなんだか

どうでもよくなってきました

強制終了?


もう・・・まったくうだうだでどうしようもありません(;_:)

このくりかえしで・・・
そんなものなのか?
さっぱり
??????????????????????
どうする?

毎度毎度・・・考えすぎてヘトヘトです(^_^;)
そんなところおとめ座っぽいようです。
まったく・・・・

 

恋細工 西條 奈加

  • 2010.09.14 Tuesday
  • 17:06
恋細工
恋細工
西條 奈加

一匹狼の職人・時蔵と女だてらに細工師を志す錺工房の娘・お凛。周りと打ち解けず、独り黙々と細工に打ち込む天才肌の時蔵に振り回されながらも、お凛は時蔵に惹かれていく。そして、反発し合っていた二人の心が銀細工を通じてかさなった時、天保の改革で贅沢品が禁止された江戸の町に活気を取り戻す、驚天動地の計画が動き始めた…。若い男女の哀しく切ない恋模様を描く本格時代小説。

切なくてついつい涙が・・・の展開になりましたが、細かい描写に読み応えたっぷり!!登場人物もみな良い味だしていました。職人たちの誇りや仕事っぷりに惚れぼれ〜。

 西條作品にハズレなし・・・と言う感じになってきましたよ〜。

守護天使 上村 祐

  • 2010.03.03 Wednesday
  • 14:24
守護天使
守護天使
上村 佑

女房の尻にしかれ、毎日の小遣い500円でカツカツの生活を送る須賀啓一、
50歳。彼が通勤電車の中でみかけた美しい女子高生に恋をする。人生の半ばを過
ぎながらも、生まれて初めてとも言える恋に燃えた啓一は、女子高生を陰ながら
支える守護天使になることを決意する。その一方的、盲目的、騎士道的な恋は成
就なるのか? ネットブログの書き込みから変質者に誘拐されてしまった女子高
生を彼は救うことができるのか? 笑いとペーソスに満ちた、爆笑ハートフルラ
ブストーリー!

面白かった〜ここ最近読んだ中ではトップです!!笑いあり、ズッコケあり、くじけないオヤジの恋?!のお話。。。。。登場人物も濃くて直ぐに話の中へ引き込まれて、あっという間に読破してしまうノンストップラブコメ?久しぶりにスカッとした読後感です。

恋文の技術 森見登美彦

  • 2010.02.25 Thursday
  • 10:15
恋文の技術
恋文の技術
森見 登美彦

一筆啓上。文通万歳!――人生の荒海に漕ぎ出す勇気をもてず、波打ち際で右往左往する大学院生・守田一郎。教授の差し金で、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされた守田は、「文通武者修行」と称して、京都にいる仲間や先輩、妹たちに次から次へと手紙を書きまくる。手紙のなかで、恋の相談に乗り、喧嘩をし、説教を垂れる日々。しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けずにいるのだった。
青春の可笑しくてほろ苦い屈託満載の、新・書簡体小説。

主人公が友達や知人、家族・・・に宛てた手紙です。恋する人にはなかなか送れないようですが・・・・。
読み始めは面白かった〜〜〜でもだんだんページをメクルペースも落ちて、でも最後まで読みたい気持ちは大あり・・・・何冊も同時進行しながら、未だに終わり見えず・・・・。

面白いのですが、、、、ペースはあがりません。

図書館戦争 有川 浩

  • 2009.06.25 Thursday
  • 14:08
図書館戦争
図書館戦争
有川 浩

─公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!

本好きならググッと胸に迫る場面は、きっと涙ぐむはずだし、恋のお話は・・大笑いします。問題もあっちこっちに散りばめられて、ラブ&ピースというところ・・・。シリーズ全巻読むしかないですね。

クローズド・ノート 雫井 脩介

  • 2009.06.08 Monday
  • 13:06
クローズド・ノート (角川文庫)
クローズド・ノート (角川文庫)
雫井 脩介

堀井香恵は、文具店でのアルバイトと音楽サークルの活動に勤しむ、ごく普通の大学生だ。友人との関係も良好、アルバイトにもやりがいを感じてはいるが、何か物足りない思いを抱えたまま日々を過ごしている。そんななか、自室のクローゼットで、前の住人が置き忘れたと思しきノートを見つける。興味本位でそのノートを手にする香恵。閉じられたノートが開かれたとき、彼女の平凡な日常は大きく変わりはじめるのだった―。

とても素敵なお話でした。笑いも私のツボにハマり・・・クスクスハハハッという具合に(*^_^*)恋のお話はジ〜ワンと伊吹先生に共感したり、香恵ちゃんのドジぶりに笑えて、友達の事で悩んだり、怒ったり、少し寂しかったり・・・好きな場面がいっぱいありました。大好きな1冊になりあそう。。

映画も今度観てみようかなぁ〜。香恵の役を沢尻エリカがやるのかなぁ?
ちょっとイメージが???苦手だけど、ちょっと観てみたい映画になりました。

レインツリーの国 有川浩

  • 2009.05.27 Wednesday
  • 13:19
レインツリーの国
レインツリーの国
有川 浩

きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。

初有川作品!!本から始まる恋。会えない理由が切なく、会うための1日にかけた女の子の気持ちが、切なかったけども、男の子の真っすぐさに救われる感じでした。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

心にやすらぎを!~ターシャ・テューダーのコギー・コテージのクリスマス [DVD]
心にやすらぎを!~ターシャ・テューダーのコギー・コテージのクリスマス [DVD] (JUGEMレビュー »)

ターシャならではのクリスマス・イベントの楽しみ方を提案!

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM